ITエンジニアぽむの備忘録

IT系で気になったことを書き留めておく備忘録です。仕事でよく使っているJavaと自宅で使っているLinuxについて書いていこうと思っています。同じお悩みをお持ちの方のお役に立てたら嬉しいです。

STSにHibernateツールをインストールし、Entityを自動生成する!(前編)

まえがき

O/RマッパでEntityを作成する場合、手書きで作成するのは、すごく大変です。。Entityファイルに大量にあるカラムの設定をしたり、複数プライマリーキーの設定をしたりなど、手作業でするには、ミスもし易いし、こんなところで時間を使いたくないと思ってしまっても仕方がないです。

今回は、Entityを自動生成するツールをインストールすることで、この問題を解決したいと思います。

Hibernateツールのインストール

f:id:pom2019:20190706205204p:plain

  • 検索窓から「Hibernate」を入力し、Goをクリックします。
  • JBoss Toolsの中からインストールをクリックします。

f:id:pom2019:20190706205254p:plain

  • JBossツールの中から「JBoss Tools Usage Reporting (必須)」と「Hibernate Tools」を選択し、確認ボタンをクリックします。

f:id:pom2019:20190706205316p:plain

  • 「使用条件の条項に同意します」を選択し、完了をクリックします。

f:id:pom2019:20190706205346p:plain

  • 署名なしのコンテンツを含むとセキュリティー警告が出ますが、インストールをクリックします。

f:id:pom2019:20190706205410p:plain

  • 「変更を適用するために再起動しますか?」と出るので、今すぐ再起動をクリックします。

f:id:pom2019:20190706205435p:plain

  • JBossツールの使用を必要であれば、はいをクリックします。

f:id:pom2019:20190706205455p:plain

f:id:pom2019:20190706205548p:plain

  • Hibernateを選択し、開くをクリックします。

f:id:pom2019:20190706205605p:plain

f:id:pom2019:20190706205630p:plain

あとがき

無事、Hibernateツールをインストールすることができました。

後編では、実際にHibernateツールを使って、Entityを自動生成するところまでを説明したいと思います。ブログを最後までお読み頂きありがとうございました。

pom2019.hatenablog.com